デロイト トーマツ コーポレート ソリューション キャリア採用

挑戦を繰り返していれば、おのずと自分の可能性や
キャリアが拡張する確信が持てます

Q.なぜデロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社(以下DTCS)に入ろうと思ったのですか?

Human Resources【人事】

Chief Staff

K.S

〈2017年入社〉

A. 年齢の節目に、自分自身に新たな変化を起こそうと思いました。
DTCSは各ビジネスファンクションの従来の機能が集約されたばかりの会社でしたので、組織自体は新しく今後大きな改革を起こしていくだろうと期待したところも大きいです。

Q.Human Resources(以下HR)は要するに人事部門ですが、ご自身が望んだ場所でしたか?

A. はい。DTCSに至るまで業界はまちまちながら一貫して人事職に就いていたので、その経験を活かしたいと考えました。

Q.人事一筋なのですか?

A. 他の業務をやっていないので結果的に一筋ですね。営業職のように数字で成果を示す仕事にも興味は持っていました。しかし人事はどの会社にもある重要なセクションです。
中でも私は組織の成長の根幹となる人の育成に関わっていきたいと思っています。
人事には様々な見方がありますが、個人的にはどんな仕事であれ、現場とアグレッシブにコミュニケーションを取ってきましたし、それはDTCSに入っても変わりません。

Q.DTCSのHRで働いてみた感想は?

A. 話は前後しますが、この会社を目指したもうひとつの理由は、コンサルティング部門の人事担当を希望していたことです。
目的に対してロジカルにとことん考え抜く姿勢、またコンサルワークにも興味があり、実際にプロフェッショナルファームで更に学びを深めながら、コンテンツとして提供してみたかった。
実際にDTCSで働いてみると、基本的にデロイト トーマツ コンサルティング合同会社(以下DTC)というグループ法人からの業務委託になるので、こちらもプロとして接する気構えを持つことができます。
これは私が経験してきたどの環境とも異なります。
通常の人事部は会社の内部に置かれるので、言わばバックオフィス的な付き合い方になりますが、DTCSとDTCの関係性においては前も後もありません。
そんな対等な立場で働けることには大きなやりがいを感じます。

Q.職場環境はいかがですか?

A. 想像以上にフランクでした。業務の性質上、コンサルタントとの接点は多いですが、皆、対面コミュニケーションを図る労力をいとわず、こちらの相談にも乗ってもらえます。HR内部でも上下関係のコンタクトが取りやすいです。
チームには、様々なワーキングプログラムを取得しているメンバーがいます。
取得するのは多くが女性ではないか、と思われるかもしれませんが、男性でも積極的に育児休暇を取れる環境が整っています。
そういう意味で、全体的にフラットな印象を持っています。

Q.入社して半年余りですが、HRでどんな取り組みをしましたか?

A. 人材開発領域として、中でもオンボーディング系を中心に担当しています。
4月新卒入社職員向けのBABC(ビジネスアナリスト ブートキャンプ=新人研修)が最初の大きな仕事でした。
一般的に新人研修は外部委託する会社が多いのですが、研修期間2ヶ月間全てにおいて、社長以下、パートナーやマネジャーを含む多くのメンバーが準備や実行に関わり、一から企画を考える内製式です。
各プログラムに適したプロフェッショナルと共にコンテンツを徹底的に作り込んでいきます。
その方式を貫くところに、人を大事する、成長を急激に促す組織風土、この会社の本質を見た思いがしました。
今回は前回の方式を踏襲する形で行われましたが、次回からは自分がモットーとしている目的への意識をより明確に盛り込みたいと思っています。

Q.研修における目的意識の明確化とは?

A. BABC終了後の新人のあるべき姿を正しく見極める、ということです。
研修は、研修という点のためにあるのではなく、新人が配属された先で活躍するためにある。私の立場では、決してそれを忘れてはなりません。

Q.望むキャリアとは?

A. 人材育成の現場ではキャリアの描き方がよく話されますが、現実的なキャリアを描くのはかなり難しいものです。
大事なのは実地の経験とその積み重ねですから。
私としては、それぞれの局面で現状を整理し、次に向かうべき場を明らかにした上で会社や環境を変えるチャレンジをしてきました。
そうした変化の中ではやりたいこと、目指したいことも変わっていきます。
ただしDTCSは、入社前に期待した通り、ビジネスの幅や広がり自体に大きな変革が起きています。
ここで挑戦を繰り返していれば、おのずと自分の可能性やキャリアが拡張する確信が持てます。

Q.最後に、DTCSを目指す求職者にメッセージを。

A. 先にも話しましたが、DTCSは成長著しいビジネスファンクションの集合体であり、有り体の枠に収まる組織でもありません。
変化を好み、自ら手を挙げチャレンジしたい人にはやりがいだらけの場所です。
私としても、スピード感に満ちたコミュニケーションを心掛けながら、決まり切ったものを抜本的に壊す勢いで、新しい変化を起こしていきたいです。