デロイト トーマツ コーポレート ソリューション キャリア採用

私たちの成果が前面に出なくても
ここなら外に向けた仕事をしている自負や誇りを持つことができます

Q.入社の経緯を教えてください。

Research & Knowledge Management【リサーチ&ナレッジ管理】

Senior Associate

A.T

〈2016年入社〉

A. 前職は、米国系市場調査会社のIT領域のアナリストでした。
転職に向けた活動をしている際に、デロイト トーマツ コンサルティング(以下DTC)のResearch & Knowledge Management(以下RKM)に在籍している知人から業務の話を聞いたのがきっかけです。
転職を決めた最大の理由は、そこがコンサルティングファームだったからです。

Q.コンサルティングファームの何が重要だったのですか?

A. 前の会社でも自主企画調査等に従事し、専門分野としたIT市場の動向を注視していましたが、リサーチ専業のため私たちの調査がどのようにユーザー企業のビジネスに影響するのか、その実体に触れるのが難しかったのです。対してコンサルティングは、常にユーザーであるクライアントと接する業務ですので、自分たちのリサーチを踏まえた提案が、最終的にどのようにクライアントのビジネスに変化をもたらすのか、少しでも実体に触れることができそうで、私にとっては未知のおもしろさがあるのではないかと期待しました。

Q.実際にコンサルタントと仕事をした感想は?

A. DTCのコンサルタントはリレーションづくりに長けている人が多いと感じています。
RKMがスムーズに動けるよう、積極的にコミュニケーションを取ってくれますし、こちらからの提案やインサイトにもしっかり耳を傾けてくれます。そこにはとてもやりがいを感じています。
また、デロイトグローバルで企画するサーベイを私たち日本のRKM主体で実行するケースもあります。
ですから私たちの成果が掲載された資料に顔や名前が入っていなくても、外に向けた仕事をしている自負や誇りを持てます。
それもRKMならではの特長です。

Q.逆に、コンサルティングファームの依頼で難しいことは?

A. 入社前、コンサルタントは非常に多忙というイメージを抱いていましたが、実際もスピードに対する要求度は高いです。
そして、前職からの継続で大まかな目処がついているIT領域においても、より幅の広いリサーチが求められます。しかし、それは難しいというより自分のスキルアップに貢献する条件ととらえています。
現に入社からの2年半で効率は上がり、資料化のペースも格段に高まりました。

Q.DTCSでの働き方について特筆すべき点はありますか?

A. 私が把握している限りにおいてですが、少なくともRKMに関しては多様性を感じます。まず、私を含めた全員が転職組で、しかもそれぞれバックグラウンドが異なっており、何がマジョリティかマイノリティかわからないほどです。
そういった専門家たちが集まり、互いをサポートし合うからこそ多種多様なリサーチが可能になっています。また、働き方とは少し違いますが、キャリアの中でほぼ初めて会社組織の動きというものに意識が向いています。

Q.組織の動きとは?

A. DTCからDTCSへの転籍を含め、デロイト トーマツの変革はダイナミックで、いい意味で否応なく今後の展開が気にかかります。そうした大きな組織が大きな変革を遂げようとしている時期に身を置けるという体験はそうできないと思うのです。
それもこの会社のおもしろいところです。

Q.望む今後のキャリアは?

A. まだ入社2年半ですから、デロイト トーマツ内部の情報やナレッジをこれまで以上に理解することが当面の課題です。
また、リサーチは得意でもRKMには他の業務もあり、デロイト トーマツをより理解できればさらに未知のおもしろさが見つかるはずです。この奥深いファームを前にして、今の時点でキャリアの具体像を語るのは時期尚早ではないかと、そんなふうに思います。

Q.DTCSを目指す求職者にメッセージをお願いします。

A. 先にも話したように多種多様を受け入れる環境なので、たとえば自分のバックグラウンドに対して戸惑いを感じていても、迷わずに扉を叩いてください。
ここは皆、メンバーに対して親身なサポートを厭わず、また、凝り固まった考えを押し付けたりする人もいません。どんな悩みや疑問にも答えを導き出してくれるプロフェッショナルの集団です。
だからこそ、自分の考えを口に出せることや、スキルを高めたい思いが重要になります。
積極的なジャンプインとチャレンジが大事ですね。それは、常に自分もそうありたいと心掛けていることです。