デロイト トーマツ コーポレート ソリューション キャリア採用

C&IはOne Firm経営の根幹に関与しています

Q.DTCSに入社した理由を教えてください。

Clients & Industries
【アカウントマネジメント】

Senior Manager

Y.K

〈2015年入社〉

A. 前の会社に勤めているとき、デロイトのメンバーファームにいる知り合いから、「日本で人を探している」という連絡を受けたのがそもそもの縁です。
そのタイミングでは、実は転職を考えていませんでした。
当時は投資銀行の案件データベースを基としたKPI設定やパフォーマンスレポートを構築するためのコンサルティング業務を提供していました。
会社や仕事に不満を感じてはいなかったものの、今から思えば前の会社の限定的なプロダクトの幅を広げたい思いが胸の内にあり、また日本でやりきった感もあって、どこかで行き詰っていたのかもしれません。
そこで2015年9月に有限責任監査法人トーマツに入社し、デロイト トーマツ合同会社に出向した後、DTCSの設立に伴って転籍しました。
しかし部門はずっと変わらずClients & Industries(以下C&I)です。

Q.C&Iはどういう部門ですか?

A. 国内外の主要クライアント向けの活動計画・運営、日系クライアントの海外対応に関する企画・推進を行っている部門です。
デロイトが提供するあらゆるサービスに対して横串でセクター/アカウントの運営を行いながらセクターリーダーやアカウントリーダーの戦略策定と実行をサポートするため、非常にロール数が多いクロスビジネスの現場です。

Q.C&Iで感じるやりがいとは?

A. まず、この部門に入るとすぐにセクター/アカウントのリーダーに付いて仕事をします。それが経験豊富なシニアなパートナーであることも少なくありません。当然、彼らの要求はハイスペックですが、仲間の協力を得ながら、彼らの期待要望に応える中で、ファーム全体の戦略を動かしている実感を得ることができます。私たちC&Iの仕事は、このファームの経営の根幹に関与しているのが醍醐味です。

Q.入ってすぐということは、若い世代もリーダークラスにつくのですか?
その場合はどんな手法で対応するのですか?

A. つまるところ働くのは人なので、とにかく話します。
そのためのリレーションを築くことに全力を尽くす他ありません。
しかし、シニアなパートナーともなれば年次も上で、それぞれの業務にとってのメリットがなければ耳を傾けてくれません。ですから、仕事で必要だと思ってもらえること、たとえば資金、人員その他やリソースを確保するなど様々な条件の提供が重要です。なぜそこまでやるかと言えば、セクター/クライアント(アカウント)の収益増大という彼らの本業以外の所内業務に時間を割かせるのは、ファーム全体の機会損失になってしまうからです。
そこをどれだけサポートできるかがC&Iの腕の見せ所です。この部門にはモチベーション高くやる気のある人が多いので、パートナーと頻繁に議論を交わします。
つまり、率直に自分の意見を言える、聞いてもらえるという風通しの良さがこの会社の長所だと思います。

Q.働き方について聞かせてください。

A. グローバルコールなどで早朝や夜の業務が生じることも月に1度くらいはありますが、在宅制度やフレックス制度が整っているため、残業時間は余り多くないのではないかと思います。
私も基本的には定時で退社できるようにしています。
また産休や育休の方、ご家庭をお持ちの方も多く、我々の部門はバックオフィスでありながら成果主義を徹底しており、労働時間では評価していません。組織全体の取り組みの話をすると、わずか2年半で人数が倍増になった組織ということもあり、情報連携やインフラ整備、チームビルディングや評価制度など、働き方改革が今正に求められており、部門としても特に注力しています。
この中で最も重要な部門のミッションやビジョンを明確に伝えるため、つい先日C&Iの中期計画を作り上げました。

Q.部門の中計ですか?

A. C&Iはベンチャー的な勢いがあって、私が配属された当時30名だったメンバーが2年半で75名まで増えました。
目指すのは、4年後に150人。
USの同じ部門でも3年前の60人が250人まで急成長しています。それだけC&Iの重要性が高まっているわけですが、ではなぜ我々が4年後に150人を目指すのか。
そこを正しく伝えるためには中期計画が必要でした。
その中では、伝達系統が明確なヒエラルキーがあり、また機能別に構成された組織の再構築や、タレントチームという部門専用の人事部署の設立しました。
それらを声の大小や業務内容に関わらず自身が正当な評価をされている意識をメンバーが持てるよう機能させることが必要です。
育成においてもC&I独自で予算を取り、より適切な研修プログラムをつくります。なぜそこまでやるのかと思われるかもしれませんが、やはり人が大事だからです。
共に働くメンバーのモチベーションを下げるようなことがあってはならないのです。

Q.ご自身のゴールは?

A. 大風呂敷を広げていいですか?
ビジネスマンを続ける以上は社長を目指します。
C&Iのクロスビジネス経験があれば、そこに通じるパスはあると思います。
それはさておき具体的な望みは、DTCSで現在最高位のディレクター以上のランクをつくること。
ディレクターで終わりなのか?というのは常々疑問でした。
これは大風呂敷ではなく、C&Iがクライアントプログラムとクロスビジネス活動を通じて、間接的に高い利益を生んでいるのはデータからも明白なので、少なくともここからパートナーを誕生させたい。
そうでないと前職の行き詰まりをまた感じることになる。
そんな話を現パートナーに伝えると、口では「無理じゃない?」と言いつつ、うれしそうな表情をする方もいます。
個人の挑戦を歓迎する気風は、まさしくこの会社の文化そのものです。